カードローンとは?

テレビコマーシャルなどでも耳にすることも多い「カードローン」という言葉は、お金を借りて多くの利子を返さなくてはならないという、あまり良くない、どちらかと言えば怖いイメージが先攻しがちですが、正しい知識を身につけて賢く利用すれば、私たちにメリットをもたらす便利なシステムであると言えます。とは言え、カードローンを利用する際には気をつけなければならない注意点も多々ありますので、カードローンについての理解を深めたうえで、自己管理を徹底し、利用するように心がけましょう。
カードローンとは銀行や金融機関が発行する専用のカードを利用することで、即融資を受けることができる個人向けの小額の融資のことを言い、住宅ローンなどのように高額となる融資で使用目的が限定されるローンには必要不可欠な担保が必要なく、使用目的の制限もないため、手軽に融資を受けることができるシステムとなっています。また、通常の銀行ローンであれば担保の他に保証人が必要となってきますが、カードローンには保証人の必要がなく、さらに申し込みから融資を受けるまでの時間が短いという気軽さが、利用者数を増やしてきた人気のポイントであると言えるでしょう。しかしながら、通常の銀行ローンに比べると金利が高くなっており、小額の融資だから…と無計画に借り入れをするのは非常に危険を伴いますので、借り入れの際はしっかりとした返済計画を立てることが重要となってきます。

カードローンについて学ぶ重要性

前述のように気軽にお金を借りることができるシステムであるカードローンですが、2010年の賃金業法改正までは非常に高い利子で融資を行う消費者金融も存在し、一度気軽に融資を受けてしまったものの、高い利子を返済することができず、その返済のためにさらに借金を繰り返すという多重債務者が増加し問題となっていたことは忘れてはならない事実であると言えます。このようなカードローンの歴史について学んでおくことは、自分自身が同じような事態に陥らないようにするための抑制力となりますので、カードローンを利用する際のデメリットの一環としてその知識を身につけておくと良いでしょう。
さらにカードローンはいくら気軽に利用できるとはいえ、誰でも利用できるわけではありませんので、利用対象者についてや金利、返済方法などのカードローンの特徴についても正しく理解しておく必要があると言えるでしょう。これらの知識を身につけた上で、数種類あるカードローンのそれぞれの特徴を把握しておけば、カードローンは怖いものではなく、有益に利用することができる便利なシステムとなるはずです。